スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

バックパックについて

バックパッカーの必需品、バックパック。
今回はこのふたつ。

DSC00158.jpg

左の四角いものをジョリちゃんが。
NORTHのを私が背負って行く予定。

ジョリちゃんのバックパックは、スーツケースタイプ。
真ん中から2つに割れて開くので荷物が多くても
物の出し入れがしやすいらしい。
でも一杯に詰め込むと20Kg以上になってしまい、
5分歩くと汗が噴出します(荷物のせいだけではないハズ)。

空港のチェックインカウンターでは必ず係員に、
「重量がオーバーですが今回は特別ですよ」と言われるみたいだけど、
ジョリちゃんの旅には欠かせないバックパックなのだ。
汚れはマレーシアでバスに乗ったときに荷物室で付いてしまったオイルだそうです。
シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジアなどなど、
色んな所にこのバックパックを担いで出掛けて行きました。
※一部、ジョリちゃんの古い日記から転用。

背負うとこんな感じ。
B/P


それに比べてマユりんのは、上から詰め込むリュックタイプなので、
どうしても重心が下にきてしまうのが難点。
そして私は身長150cmのチビなので、
これを背負って後ろから見ると、お尻と頭の半分が隠れちゃうの。
まだ背負ってどこかに行ったことがないので画像はナシ(笑)。

荷物の詰め方を工夫しなくては。

現地でデイリーに持ち歩くのは、
たすきがけができるバッグいいとよくガイドブックに書かれているけど、
マユりんは断然ウェストバッグ。
市場などスリが多い場所では前にできるし(ちょっと恥ずかしいけど)。
ビビり屋マユりんにとって、これが一番いいのです。

DSC02623.jpg

※写真はホーチミンに行った時のもの。クチのトンネルにて。

その他、パタヤのビーチに一泊くらいしに行く予定なので、
ちょっとした荷物を持ち運べる小さなカバンを用意するつもり。

クシャクシャにたためる軽~いものないかな~。

*写真はクリックで大きなものが見れます。別窓で開きます。





スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 持ち物編

旅のきっかけ

それまでもちろんフツーに働いていたジョリちゃんが、
突然会社の「卒業プログラム」の対象に。
聞こえはいいが、これはいわゆるリストラの一種。

その後退職までの過酷すぎるシフトに疲れ果て、
しばらくのんびりすることにしたらしい。
よし、守るべくあたしが稼ぐ番ね!
と意気込んではみたものの、こちらも契約終了間近という事態。

う~む…と悩んでいたところにジョリ様から神の一言が。
「一緒にバンコクに行ってみる?」
発想の転回???をフルに動かして「行く!」とすぐさま返事。
マユりんも迷わず会社を辞めて、夫婦でいざプー太郎と
あいなりました。

行く時期については、失業保険の取得を受理するべく、
ハローワーク認定日の合間の4週間をフルに活用しなくては。

そこからジョリちゃんのマイルが溜まっているのも利用して、
航空券の空き状況などを見て、出発が3月14日に決定。
出発当日の朝が3月の認定日。次は4月10日。
帰国の航空券は4月9日をゲット。わーい!27日間も旅行ができる~♪

マイルの関係で、取れるチケットがバンコク直行ではなく、
シンガポール経由で我慢。
行きは深夜のシンガポール着で空港を出ずに朝を待って
バンコク行きに乗り継ぎに。空港で寝るのね。6時間。。。

ジョリちゃんは過去に3年間バンコクに駐在していたこともあり、
その際アジアに目覚めたらしい。もともと素質があったのか、
帰国後から世間様でいうところのバックパッカーになり、
その後マユりんと出会うまでは自由気ままな一人旅を繰り返し、
チープな旅を満喫してきたようだ(出会ってからも繰り返したけど)。

出会った頃はもちろんそんな自由人を見るのは初めてのことだったので、
「へ~、そういう人生もあるんだね~」と目を細めていたけれど、
聞くところによるとその実態は本当にチープらしく、
とにかくマユりんの頭の中に残っているキーワードは・・・
「1泊300円の安宿」「ベッドの下に虫はあたりまえ」
「シャワー・トイレ共同」「シャワー?もちろん水だよ」
などなど旅行と言えば南国のビーチリゾートを真っ先に思い浮かべる
当たり前のOL生活を送っていたマユりんにとってはNGワードが
満載の、旅行というカテゴリとは別のまさに「旅」という物だった。
(長くなってごめんね。文章能力乏しいの…)

まぁでもジョリちゃんとの生活も早数年が経ち、
数々の旅行記を見たり聞いたりしているうちに
マユりんだってだんだん貫禄もついてきたよ。
沢木耕太郎の「深夜特急」何回も見たもんね。本だって全部読んだよ。
ホーチミンのバックパッカー街にも行ってみたよ。

なんてったってマユりんは異国の食べ物が大好きだし、
パクチー等のハーブ類は愛してやまないし、
もうだんだんいい年になってきて、若い頃よりは
こだわりをけっこう捨てて生きれるようになってきた気がするよ。
ある程度、ボーダーラインはまだあるけれど、なんとかなるよ。

ひとりじゃないし、ね。

昨年末にジョリちゃんのバンコク友達『のりちゃん』が
我が家に数日間滞在し、すっかり仲良くなった事もあり、
筋金入りのバックパッカージョリの旅をマユりんも体験希望!

といっても水シャワーは髪が痛むから勘弁してね…
枕にパフッと顔をうずめてみたら、異国人の残り香バッチリ、は到底ムリ…
寝ている間に蚊が入ってこない網戸必須…

等々ジョリにNGリスト出しまくり。
「任せて!」「安心して!」とは言ってくれてるけど、
こればかりは行ってみなくちゃわからない。

出発→到着までは不安要素満載だけど、何事も経験です。
おいしいものを沢山食べて、南国の楽しいことを満喫するために、
心と身体、そして荷物の準備を始めることに。

まずは移動時間やホテルでの時間を楽しむために、文庫本を数冊購入。
それからガイドブックも。
「地球の歩き方」バンコク編はとても古いけどジョリが既に持っている。

洋服は夏物を出さなくちゃ。でもなるべく少なくしなくちゃ。
クーラー対策の為にカーディガンも持たなくちゃ(ベトナムの時忘れた)。
靴はどれにしよう?
ビーチ用に水着も。あ、ビーチサンダルも。。

それから月のものは現地調達で大丈夫?
デジカメの充電は規格がどうなの?
パクチーいっぱい食べたい。
たばこ吸えるかな。。
食べ物や水にあたらないかな。
テロ怖~い。

とにかく出発前にゴミ出しはきっちりしなくちゃ。
冷蔵庫の中身もちょうどよく消化させたい。。。

などなど、あれこれ頭の中で渦巻きながら
出発の日を待ち遠しく過ごす日々。
出発まであと1ヶ月弱です。

さ~カウントダウン開始。
そろそろ本気で準備しなくちゃ!





テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.02.19 | | Comments(2) | Trackback(0) | 企画編

まずは・・・

もともと一人旅が好きなダンナさんのジョリ。
その度に一人ぼっちにされる妻、マユりん。

そんなちぐはぐ夫婦に突然訪れたロングトリップのチャンス。

二人で初めて挑戦するバックパックな旅。

旅の道中レポはもちろんのこと、持ち物や準備編など
あらゆる情報を随所にちりばめたマユりんなりの
旅ブログを展開していきます。
でも主に、食中心になりそうな・・・予感。

尚、旅ブログは旅に必要な持ち物のことやふと思いついたこと、
思いがけない出来事、旅行中の非日常な諸々を書き連ねることを目的と
しているため、長文が多く発生すると思われます(笑)。
またそれらのすべてにマユりん独自の思想なども含まれると思います。
誤った見解、見た目の好き嫌いなどを書いてしまう事もあるかもしれません。

ご指摘等がございましたらお知らせ下さい。

また、今後旅に出る人の為に少しでもお役にたてたらいいな~と思うので、
相互リンク、コメント、TB大歓迎です。
リンクしていただける際には是非お知らせください♪

※トピックにそぐわない内容のTBなどは
 管理人の判断によって削除される場合があります。
 あらかじめご了承ください。



テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.02.19 | | Comments(1) | Trackback(0) | ごあいさつ

«  | HOME |  »

プロフィール

マユりん

Author:マユりん


■主な登場人物
*ジョリちゃん*
わがままオヤジのダンナさん。
メタボに忠実にいつでも大盛り。
座右の銘:
『私は自分の運命の支配者であり、魂の主人である。』

*のりちゃん*
バンコクに暮らす翻訳家。
旅の間いっぱい遊んでもらう予定。期待してます。
好きな言葉:
『最適な言葉はたゞ一つしかない』

*マユりん*
このBlogの筆者。
現在湘南に暮らす。
チビのくせにいつも腹ペコ。
好きな言葉、
というか精神はいつもこれ。
『Why don't you take it easy!』

ご訪問ありがとう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。