スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ひとり旅 partⅡ =旅の17日目= 3/31(土)

昨日、帰国しました。
まだまだ寒いのね~。ちょっと前にバンコクで読んだ新聞に、
静岡で30度を超えたという記事を読んでいたので油断してました。

今日は一日くつろぎながら、今までの記事の写真を大きくしました。

さて、日記の続きをアップしたいと思います。

巨大なポーに会えて、無事タクシーにも乗れたマユりん。
向かった先は「フアランポーン駅」。
ここから地下鉄に乗って帰るのだけど、このフアランポーン駅は地下鉄以外にも、
列車発着があり、なかなか見学にはもってこいの場所なのです。

DSC00665.jpg


この人が誰??なのか全然わからず。
駅はちょっと歴史を感じる建造物になっていて、ちょっと上野駅っぽい
イメージでした。
ブラブラと歩いて色々見てみる。

DSC00664.jpg

切符売り場。
券売機などなく、今でも自分で行き先を伝えてチケットを購入する。

DSC00667.jpg

すっきりしたホーム。入ってみたかった。

DSC00668.jpg

ベルギーワッフルの売店。ひとつ買って食べちゃった♪

駅も満足いくまで見学できたので、次の行き先へと移動。
始発駅なので行き先を間違える恐怖もなく地下鉄に乗って、
みんなと待ち合わせしている「プロンポン駅」まで。

ポーに会いに行く途中、のりちゃんから電話をもらっていて、
なおこさんのおうちで夜、「深夜特急」の上映会をするのに誘われていたの。
その前にみんなでゴハンを食べようということで、待ち合わせをしていました。

合流後、プロンポンからタクシーに乗ってエカマイ地区のタイレストラン、
『サバーイヂャイ・ガイヤーン』というお店に。
DSC00685.jpg


食べたもの。

お店の名前にもある名物、ガイヤーン
DSC00673.jpg


ムー・マナーオ(茹でた豚肉のすっぱ辛いの)
DSC00674.jpg


ラープ・ガイ(鶏肉のすっぱ辛いの)
DSC00675.jpg


トムセーブ・クルアンナイムー(イサーン風の豚の内臓スープ)
DSC00676.jpg


ソムタム・ポンラマーイ(フルーツのソムタム)
DSC00679.jpg


トート・マン・グン(エビのすり身揚げ)
DSC00681.jpg


その他、玉子焼きや田舎風ソムタムにスイカジュース、ビールなど豪華な食卓になった!
DSC00680.jpg


容赦なく本場の辛いものがほとんどで、マユりんとジョリちゃんにはちょっと刺激が強すぎた。
ヒーヒーいいながら食べました(笑)。

のりちゃんやなおこさんはもうこんなのへっちゃらって感じなのよね。。
うらやましい。おいしく食べている。汗かきながら。

そしてその後、なおこさんの豪華なマンションで図々しくもソファーで
ゴロゴロしながらDVD鑑賞会。

実は、のりちゃんとなおこさん、私たちがバンコクを去る同じ日に、
まったく同じ便でシンガポールへ行くことになっていた。
そしてその後数日のスケジュールまで一緒。

二人は久しぶりの旅行ということで、気分を盛り上げるために「深夜特急」を見ていたのだ。

食べたいものとか、観光してみたいところとかみんなで話しながら
深夜になってタクシーを呼んでもらい、ホテルに戻った。

みんなで旅行ができるなんて・・・すごい。
と、興奮しつつ、シャワーを浴びて、眠る。



スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 食べる

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

マユりん

Author:マユりん


■主な登場人物
*ジョリちゃん*
わがままオヤジのダンナさん。
メタボに忠実にいつでも大盛り。
座右の銘:
『私は自分の運命の支配者であり、魂の主人である。』

*のりちゃん*
バンコクに暮らす翻訳家。
旅の間いっぱい遊んでもらう予定。期待してます。
好きな言葉:
『最適な言葉はたゞ一つしかない』

*マユりん*
このBlogの筆者。
現在湘南に暮らす。
チビのくせにいつも腹ペコ。
好きな言葉、
というか精神はいつもこれ。
『Why don't you take it easy!』

ご訪問ありがとう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。