スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

バンコクお茶事情

バンコクにもあるペットボトルの緑茶。
タイでも緑茶がブームになってきているらしい。

日本と同じようにコンビニやスーパーで買えます。
でもその実態は緑茶とは大きく違う。

これはもはや緑茶じゃない!
ジャスミンティーじゃん!
というものも多々ありますのでご注意あれ。

あのね、甘いの。お茶だけど甘いの。
「NoSuger」と書いてあっても甘いです。
本当に甘くない緑茶を探すのはとても困難。

種類はとても豊富で、「生茶」や「おーいお茶」もあります。
甘いけどね。
お砂糖で甘くなっているのもあれば、
フルーツフレーバーだったり、
はたまたとうもろこし茶もあります。

それからあずき味もあります。
これは飲んでみたけどまさに薄いお汁粉味。

滞在中、一切甘くないお茶はコレ一本でした。
DSC00782.jpg


横に小さく漢字で「無糖」と書いてあって、本当に甘くなかった。
したがってこの「おいしー」というメーカーの無糖のものばかり
飲んでました。

でもね、甘いお茶もおいしいの。
なにしろ日中の暑さがハンパじゃないし、
外を歩いていてトイレに行きたくならないくらい汗をかくので、
身体が甘いものを求めています。

時々はあえて加糖のお茶を選んで買ってました。

これは家でもできるので夏に試そうと思います。

セブンイレブンのお茶陳列棚。
DSC00496.jpg

もっと沢山の種類を置いてあるところもあります。
このセブンイレブンでは写真右下の、白いキャップのものが
唯一甘くない「おいしー」の緑茶。

面白いのがそれぞれのネーミング。
写真にはないけど、「TOZEN(トーゼン)」とか「もし」とか。
「もし」はひらがなで書かれた「もし」の横に、
お侍さんみたいなイラストが書いてあるので、
意味が「if」ではないことをあらわしている。
「もし・・・」と呼び止められているのである。あはは。

値段はたいていのものが10~12バーツくらい。おおよそ40円。

ちなみにタバコ(マルボロとかMLとか)が46バーツ(160円)、
水にいたっては5バーツ(18円)とかです。

激安タイランド。

※今気がついたけど、最初の写真、飛行機の中で撮ってますね。
 現在機内はペットボトル持込禁止のはずだけど・・・とお思いのあなた。
 この写真はバンコクからシンガポールに行く時乗った小さな小さな
 「AirAsia」という会社の飛行機でした。
 全然フツーに持ち込めました。手に持って。





テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.05.02 | | Comments(1) | Trackback(0) | 食べる

バンコクの大渋滞。

バンコクの有名な渋滞地帯。
20070319143.jpg


ここはラチャダマリ通りとRama1通りの交差点あたり。
セントラル・ワールド・プラザの前です。

朝から晩までこんな感じみたいで、バスやタクシーに乗るよりは
歩いた方が断然早いらしい。

バンコクでは以前はどの道もひどい渋滞からは逃れられず、
あまりにもひどい状態だったのでBTSという乗り物ができた。

BTSは地下鉄(MRT)との接続もあるし、なんといってもすごく涼しい乗り物。
旅の間、移動の際に何度も涼ませてもらいました。

BTSの料金はそれほど高いというわけではないけど、
タクシーが本当に安いので、BTSに2人で乗って70バーツ払うなら
タクシーに乗っちゃおう、ということになりがち。
タクシーにも大変お世話になりました。

そんな渋滞だらけのバンコクだけど、
市街東部から東南方向にのびる「スクンビット」という大通りで
時々「え?」と思うほど車が1台も走ってないのを目にした。

すごくビックリするのだけど、これは世界のVIPがその道を通って
ホテルなどに向かう時に、通行止めエリアが発生するのです。
ほんの数分なんだけどね。

屋台なんかも撤収させられることがあったりするほど、
タイ人は「見かけ」を重要視するようで、
国際的なシンポジウムなどがある時期は、
川の両側にある比較的キレイじゃない家々などは
大きな看板で隠されてしまうそうです。

それからそれから、バンコクの交差点では今でも交差点に立つ小屋の中から
警察官が手動で信号操作をしているところもあるとか。

でも多くの信号機には「あと何秒で青に変わる」という電光掲示板がついてます。

バンコクで信号以外の場所で道を渡るのは至難の業。
たとえ渋滞してても車の脇をバイクが猛スピードで走ってくるし、
手を上げたりしてもなんの意味もありません。

のりちゃんやジョリちゃんはさすがに慣れていて、
マユりんだけ道のこっち側に取り残されることなんかしょっちゅう。
イジけた顔で待っているとジョリちゃんが迎えに来てくれます。

一度、1人っきりのとき、通りを渡ろうとしてまごまごしていたら、
タイ人らしきおばさんが手で「ほら!今!」と合図してくれたことがありました。

それからは横断に慣れている現地人にぴったり寄り添って渡る、
というワザも身につけました。
あ、もちろん「こっそり」寄り添うのです(笑)。









テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 見る

ラープ

おいしいタイゴハンのひとつ、「ラープ」。
pu.jpg


ひき肉の炒め物。辛くておいしいです。
バンコクでは鶏肉はもちろん、豚肉もありました。
お魚のもあるみたいだし、お肉が半生のもあるみたい!

イサーン料理のお店では、このラープと一緒にもち米を食べます。
マユりんはラープを食べると、必ず焼酎がほしくなっちゃうよ。
お酒には最高の組み合わせです。

日本でよく食べる「鶏肉のバジル炒め」もありました。
20070315044.jpg


味は日本で食べるものとはけっこう違ったな~。
辛さはもちろん倍増、でも味付けはもっとシンプル。
日本で食べるものの多くには、
オイスターソースが使われていると思うのだけど
バンコクでは使っていなさそうな味付け。

オイスターソースを使っていないので中華っぽくなく、
かといって大味や薄味って感じでもなく、おいしい。







テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 食べる

黄色いひとたち。

バンコクで大流行の黄色いポロシャツ。
街中黄色い人だらけ。
20070402435.jpg


・・・流行っている、というのはウソです。

タイ人は、自分が生まれた曜日をとても重視する民。
そして曜日によって守護神が違ってきて、
それぞれの曜日に「色」が決まっているの。

こんな感じに・・・。

月曜:黄色
火曜:ピンク
水曜:緑(昼間) 黒(夜)
木曜:オレンジ
金曜:青
土曜:紫
日曜:赤

そして、タイの現在の王様が生まれた曜日が月曜日。
王様への忠誠心がとても強いタイの国民は、毎週月曜日になると
目測でおよそ80%くらいの人々が黄色のポロシャツを着ています。

マユりんも、たまたま黄色いTシャツを持っていたので、
ある月曜日に着て出かけました。フフ。
20070326322.jpg


これらのポロシャツは、街中どこでも売ってて、
値段は高くても300バーツ(約1000円)くらいだったかな。。

流行ってるんだと思って黄色いポロシャツ買ってしまう旅行者。。。
いるかもね・・・いないか。。
20070402468.jpg

※ある月曜日のレストランの風景

ご自身が生まれた「曜日」を知りたい人は、
http://www.phoenix-c.or.jp/~ribuki/java_no/ja_17.html
↑で調べてみてください。
マユりんは金曜日生まれなのでセルフカラーは「青」だった。。
紫がよかったな~。。なんて。。。

ちなみに、タイは仏暦を使う国。
今年は2550年だそうです。
西暦は、通じる人と通じない人がいるそうです。








テーマ:タイ - ジャンル:旅行

2007.04.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 見る

とんかつ定食 =旅の27日目= 4/9(月)

家に着くまでが旅。

寝心地の悪いエコノミーで、5時間くらい集中して眠ったマユりん。
身体がカチコチで痛いけど気分はすっかりリフレッシュ!
ここから軽いトレッキングくらいはできる、っていうくらいに
しっかり眠ることができた。

目覚めて30分くらいで、軽いスナックが出る。
キリッと冷えたりんごジュースとハムとチーズのサンドイッチ。それとフルーツ。
思わずパクパク食べてしまった。ジョリちゃんもモグモグ食べてる。

寝ていると、長いフライトもあっという間。コレは楽ちん。
これからは寝不足で飛行機に乗るのがいいね、とジョリちゃんと話す。

そうこうしている間に、着陸態勢に。
あー、本当に、もう帰ってきちゃったのね。
もう旅も本当に終盤。

成田の気温は14度。小雨。という機内のアナウンスを聞いてビックリする。
その前の週までは関東地方で20度以上あったみたいなのに、
なぜ今日に限って14度?ひょえ~。

バンコクの気温が、高い時で平均37度もあって、
マラッカは30度くらい、シンガポールもそれくらいはあったので、
それに比べたら半分以下の気温。

成田到着後、まずは外に出てみる。さっむーーーーい!!
とても4月とは思えない寒さ。
寒さって、外の色でわかりますよね。
DSC01264.jpg


バックパックの出しやすいところに入れておいた薄手のシャツを出して、
機内でも着ていたカーディガンをはおる。
でも全然寒い。ふわふわのコートがほしいくらい。

さあ!とんかつ定食の時間だよ!!
とは言うものの、あのサンドイッチとフルーツで思いのほか満腹状態。

ジョリちゃんと相談する。

「とんかつ定食、今食べれなくはないけどどうする?」
「せっかくだし、おいしく食べたいよね」
「万全の空腹状態で食べたいよね」
「辻堂に帰ってから、大関に行く?」
「そうしようか」
「そうしよう♪」

では家に帰りましょう。

電車で帰ろうとするジョリちゃんを制して、リムジンバスを調べてみた。
旅立ちの日に成田に来た時は、大船駅から延々と横須賀線に乗ってきたので、
もう電車での帰路は避けたい。飽きたし。

出発前、ジョリちゃんに「藤沢あたりからリムジンバスが出てないの?」と聞いたら
「出てないよ」と即答だったので調べていなかったけど、
もしかしたらあるのではないか、と思ったのでカウンターに行って聞いてみた。

「藤沢方面に行くリムジンバスはありますか?」
「はい、ございます」

ほら~、あるじゃーーん!
大人2枚(1人3700円)を購入。
そして9番のバス乗り場に行くと、行き先が「藤沢・辻堂」となっている。
辻堂もあるんじゃーーん!!

あわててカウンターに戻って、チケットを辻堂までに変えてもらう。
無事バスに乗って(ガラガラでした)、別々の席に座り日本の車窓を楽しむ。

桜吹雪が舞っていて、感動する。
まるで「マユりんおかえり♪」と言ってもらってるようだ。←勝手な妄想。

ジョリちゃんが1枚のチラシを見せてきた。
乗っているバスのチラシ。フムフムと見ていると、なんとこの藤沢方面リムジンバス、
私たちが旅を出発した3月14日には存在しておらず、
3月27日から始まった新サービスだったのだ!!

なんてすばらしい。。。というかもうちょっと早く始めてくれれば行きも乗れたのに・・・。

バスは順調に走り、辻堂駅南口に着きました。
タクシーで我が家に。
おうち、なんにも変わってない ← あたりまえ。

「帰ってきちゃったね~」
「終わっちゃったね~」
「のりちゃんたちなにしてるかな」
「きっと食べまくってるよ」
「いいな~」

などといいながら少しずつ荷物をほどく。
なかなか日本の現実に感覚が戻らない。

寒い中、自転車に乗って家の近くの行列ができるとんかつ屋さん「大関」に行きました。

大関で、待ちに待った「とんかつ定食」を。
DSC01267.jpg


メニューを見ていたら、どうしてもカニクリームコロッケも食べたくなり、
カニクリームコロッケって日本ならではの食べ物ですよね。
もちろんおいしく頂きました。
ゴハンも、キャベツにかけるドレッシングもおいしかったです♪

とんかつ定食を食べたら日本に帰ってきたんだという実感が
ジワジワと・・・やっぱり沸いてこない。。。

家に帰ってお風呂をためながら、お湯を沸かしてお茶を2リットル淹れた。

お風呂に入りながら自分の身体をよく見てみたら、
腕や足がうっすら焼けていてところどころ皮がむけてきている。
足の甲なんて、見事にサンダル焼けしてる。

バンコクでやってもらった手のネイルはもうすっかりボロボロで、
旅の間ほとんどお化粧もしていなかったので、顔も少し黒い。

日本にいるんだ、帰ってきたんだという実感が全然ないままに、
旅が終わった。終わってしまいました。

今すぐバンコクに帰りたい気持ちでいっぱいのまま、
ベッドに入って目を閉じる。
今にもトゥクトゥクのバリバリという音が聞こえてくるような。。。

こうして約1ヶ月の、
夢のようなマユりんの旅の毎日はこうして終わったのでした。









テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

2007.04.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 食べる

«  | HOME |  »

プロフィール

マユりん

Author:マユりん


■主な登場人物
*ジョリちゃん*
わがままオヤジのダンナさん。
メタボに忠実にいつでも大盛り。
座右の銘:
『私は自分の運命の支配者であり、魂の主人である。』

*のりちゃん*
バンコクに暮らす翻訳家。
旅の間いっぱい遊んでもらう予定。期待してます。
好きな言葉:
『最適な言葉はたゞ一つしかない』

*マユりん*
このBlogの筆者。
現在湘南に暮らす。
チビのくせにいつも腹ペコ。
好きな言葉、
というか精神はいつもこれ。
『Why don't you take it easy!』

ご訪問ありがとう!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。